突然のお悔みに 電報・弔電おすすめサイト比較

各社の総合評価早見表

弔電を送る際に利用したいインターネット

お世話になった人の突然の訃報が届いたとき、仕事の都合など何らかの理由で、どうしても葬儀に参列できないことがあります。そんなときは弔電を利用してお悔やみの言葉を届けると良いでしょう。
最近は電報サービスを行ってるインターネットサイトがあります。申込み方法も簡単なので、初めて電報を送る人も面倒な手間をかけることなく申し込むことができますので安心です。さまざまなシーンに合う電報が用意されていて、もちろん弔電にも対応しています。突然の訃報の場合はすぐに送らなくてはいけませんが、当日対応をしてくれるのでどんなときも安心して利用することができます。
また、台紙もさまざまな種類が用意されていますし、定型文も複数用意されているので、安心して利用できるのが大きな魅力です。オリジナルメッセージで届けることもできますので、遺族の方々に気持ちを込めた自分の言葉を届けたいときも役立ちます。


台紙にこだわって弔電を選ぶようにする

現在利用される電報は、祝電と弔電がほとんどでしょう。元々は緊急連絡用として使われることもありました。今は、郵便、電話、電子メールなどいろいろな緊急連絡手段があり、それらを使った方が安くて確実です。言葉によるプレゼント、気持ちを贈る手段として使われています。
弔電でいえることは、あまりプレゼント的な要素がないことでしょう。祝電の場合は、きれいにしたり、プレゼントを別途つけることがあります。一方で、弔電は純粋に言葉を贈ります。と言いながら、ただ言葉だけを贈るのでは物足りないと感じるかもしれません。少しこだわりを入れたいのであれば、台紙を選ぶようにします。
通常は一般的な紙です。高級な紙の場合は、和紙であったり、漆塗りなどがあります。それなりに高級感があり、気持ちを伝えるのには最適かもしれません。言葉で伝えきれないときは、高級な台紙を選びましょう。


弔電の申し込み方法には電話とネットがあります

弔電の申し込みの方法は、まず申し込む前に通夜・葬儀の時間と場所、喪主の個人の名前、宗教を確認します。電話で申し込む場合は名前、電報の種類、配達日時、届け先の住所、受取人の名前、差出人の名前、台紙の種類などがオペレーターに聞かれますので伝えます。
もちろん、葬儀の時に読み上げられるメッセージも、どのようにするか聞かれます。メッセージは自作メッセージも可能ですが、文例から選ぶことができます。また、現在はインターネットからも申し込めることができます。WEB上の画面を見ながら画像や文章を見ながら選べ、価格も安いので、インターネットに慣れている人にはお勧めです。
オプションサービスとして、受取人名連記や毛筆印字で、より丁寧な毛筆風書体で届けることがでます。また配達通知ができ、申し込み者に、電話又はFAXで配達した日時を通知できます。

カテゴリー