突然のお悔みに 電報・弔電おすすめサイト比較

各社の総合評価早見表

HOME > お悔み電報情報

会社などで弔電を打つように言われたときの対応
取引先などで不幸があった場合、それなりに社内はあわただしくなります。
関係が深い会社であれば、役員レベルが葬儀に参列することもあります。
ちょっとした取引であれば、担当者や担当者の……

弔電は通夜に届けるか葬儀に届けるか
亡くなったときの儀式として、お通夜と葬儀があります。
一般的には葬儀があって、その前日の夜にお通夜を行うとされています。
葬儀は日中に行われることが多く、お通夜は6時ごろから7時ぐ……

弔電では不吉な数字を使わないようにする
駐車場や賃貸物件を見ると少しおかしな番号振りがあることがあります。
3の次が5で8の次が10などです。
賃貸物件によっては4階や9階がない場合があります。
これはこれらの……

弔電を出すときに自分の名前をどうするか
年賀状を出すときは、もちろん相手は自分のことを知ってくれているでしょう。
沢山の生徒を持つ先生の場合は、昔の卒業生の顔までは覚えられないかもしれません。
でも何となく名前を知ってく……

弔電はどこに送るのが良いとされるか
電報は、送り先を指定しなければいけません。
電話のサービスでありながら、電話番号を知らせれば勝手に贈ってくれるわけではありません。
相手の住んでいる住所は知っていても、必ずしもその……

弔電を送る時に知っておきたいマナー
弔電を送る時、知っておいてもらいたいマナーをお教えします。
まず、送る時のタイミングです。
通夜、告別式のどちらでも良いのですが、遅くても告別式が始まる前までに届く様に手配をしまし……

弔電と祝電を間違えてしまうことはあるか
 電報を送るとき、かつては電話で申し込みをしました。オペレーターにつながり、相手がいろいろと質問をしてくれます。それに対して必要な情報を提供していきます。オペレーターは機械ではなく人ですので、一般的な……

弔電マナー 失礼になるマイナス行為
弔電のマナーをしっかり知っておくべき事があります。まずは送る時期があります。葬式に参列できない代わりとして送るため、通夜や告別式に間に合うように遅くとも告別式開始の1時間前までには届くように手配する必……

法事・法要・お葬式に。弔電の送り方
弔電とは、読み方は「ちょうでん」で人の死をいたみ悲しむ気持ちをあらわした電報、のことです。故人の訃報を聞いた方で、葬儀式場に参列できない方が弔意(お悔やみの気持ち)を表す電報を打つわけです。 通常葬……

ケースや相手によって文章や台紙を使い分けましょう
弔電は人が亡くなったときにお悔やみの気持ちを伝えるために送る電報です。電報は昔のもので、今はインターネットの時代になっているのでもう古いものと考えている人もいるかもしれませんが、最近は電報用の台紙にメ……

1

カテゴリー