突然のお悔みに 電報・弔電おすすめサイト比較

各社の総合評価早見表

HOME > お悔み電報情報 > ケースや相手によって文章や台紙を使い分けましょう

ケースや相手によって文章や台紙を使い分けましょう

弔電は人が亡くなったときにお悔やみの気持ちを伝えるために送る電報です。電報は昔のもので、今はインターネットの時代になっているのでもう古いものと考えている人もいるかもしれませんが、最近は電報用の台紙にメッセージが書かれたものばかりが電報ではありません。
お悔やみを伝えるメッセージと一緒に生花やお線香なども台紙の一部となっているものも多く見受けられます。
また、弔電用の台紙も押し花や刺繍がしてあるものなど様々な種類から選ぶことができます。お香典代わりに送るといった意味合いで使われていることもあるようです。弔電の台紙は故人との関係や故人の生前の姿などを偲んで、故人に合った雰囲気の台紙を選ぶのも良いかもしれません。
相手のと関係によっては、あま派手なものを選ぶと失礼に当たる場合もあるので、少し注意も必要かもしれません。

親戚や知り合いが病気であまり良い状態ではないということがわかっている場合は、ある程度の予測がつく場合もありますが、人が亡くなるということは、いつでも突然のことだといえます。
そのため、知っている人が亡くなったことを知ったときに、すぐに弔問に行くことができない場合も多いかもしれません。お通夜、告別式に参列できない場合、そして、すぐにでもお悔やみの気持ちを伝えたい場合などが弔電を送る場合の主なシーンだと言えるようです。お悔やみを述べることはいつまでにしなけらばならないといった決まりは一切ありません。
気持ちを伝えるのに遅すぎることもなく、いくら遅くなったからといえ、その時にきちんと遅くなった訳と心からのお悔やみの気持ちを伝えればそれは間違いなく伝わるでしょう。しかし、大切な家族が亡くなり葬儀を行うときはその悲しみは最高潮だということはできます。
そのため、いちばんつらい時に気持ちを伝えたいと考える人は多くいます。弔電はそんなときに最適な方法だということができます。

弔電を送る場合、送り先は自宅でも葬儀を行う斎場でもかまいません。斎場に送る際には、お通夜や告別式の時間がわかっていれば、それに合わせて送ることも可能です。電話で申し込む場合は受付時間が決まっており、一定の時間内に届くようにするには送る時間にも注意が必要です。
しかし最近はインターネットから申し込みができ、24時間受けつけをしているので慌てる必要はありません。斎場に送る場合は送り先の相手は喪主となっている人が主になります。
また、自宅の場合の送る相手は喪主だけとは限らず、自分の親しくしている人の名まえでももちろん差し支えないでしょう。
文面は送る相手や故人との関係などによって異なり、それぞれに心のこもった文章を考えれば気持ちは充分に伝わるでしょう。ここで注意しなくてはならないのは、故人の呼称です。お父上、ご尊父、お母上、ご母堂など必ず敬称を用いることが礼儀とされているので、その点だけは気をつける必要があります。

カテゴリー