突然のお悔みに 電報・弔電おすすめサイト比較

各社の総合評価早見表

HOME > お悔み電報情報 > 会社などで弔電を打つように言われたときの対応

会社などで弔電を打つように言われたときの対応

取引先などで不幸があった場合、それなりに社内はあわただしくなります。
関係が深い会社であれば、役員レベルが葬儀に参列することもあります。
ちょっとした取引であれば、担当者や担当者の上司などが参列することもあります。
その時にいろいろな雑務を依頼されます。
ビジネス上のやり取りとして、取引先で不幸があったときには弔電を送ることがあります。
葬儀やお通夜に参列するかどうかに関係なく送ります。
送らないからどうこうはありませんが、後々の取引などに多少関係してくることがあるかもしれません。
するとあまり事情を知らない人が弔電を打つように言われることがあります。
会場の情報ぐらいしか聞いていないと、喪主が誰なのかもわかりません。
会場が分かっているなら、会場に電話をして喪主や式の時間などを聞くことができます。
会社関係の場合は、大きな斎場で行うことが多いです。



弔電に対するお礼状のマナーとは

葬儀に参列できなかった人から弔電を受け取った際には、それで終わりではなくお礼の気持ちを伝えることがマナーです。
その際には、お礼状を送ることになるのではないでしょうか。
葬儀が終わり次第少しでも早く送るようにしておくべきですが、いつまでに送らなくてはならないという明確な決まりがあるわけではありません。
弔電では様々なマナーがありますが、お礼状となればマナーが良くわからないと考えている人も多いのではないでしょうか。
ハガキでも手紙でも問題はありませんが、手紙の方が丁寧な印象を与えることができます。
手紙の場合には、弔事であるため白やグレーといった控えめな便箋を選ぶのが基本となっています。
しかし近年では故人らしさを重視したカラーやデザインのものでも問題はないという認識に変わりつつあるということも頭に置いておきましょう。



弔電の打ち方は知っておくと便利

会社勤務をしていない限り、なかなか弔電を打つ機会はありません。
しかし、いざという時のためにも打ち方くらいは覚えておきましょう。
特に、お葬式やお通夜に出席できない時に役立ちます。
弔電は専用の申し込みサイトから申し込みます。
もちろん、電話をかけて申し込みをすることも可能です。
専用ダイヤルが設けられているので、そちらにかけましょう。
スムーズにいくようにするためには、事前に台紙や定型文の選択をしておくことをお勧めします。
文章は定型文があるので、そちらから選ぶととても楽です。
ただし、自身で考えたいという人は申し込み前にきちんと考えておきましょう。
そして、その日に届けたいのか、翌日でもいいのかというように日にちを選択することができます。
もちろん、届け先もあらかじめ調べておきましょう。
先方の自宅ではなく、葬祭場に届くようにすることもあります。

次の記事へ

カテゴリー