突然のお悔みに 電報・弔電おすすめサイト比較

各社の総合評価早見表

HOME > お悔み電報情報 > 弔電では不吉な数字を使わないようにする

弔電では不吉な数字を使わないようにする

駐車場や賃貸物件を見ると少しおかしな番号振りがあることがあります。
3の次が5で8の次が10などです。
賃貸物件によっては4階や9階がない場合があります。
これはこれらの数字が不吉と言われているからです。
9は苦しむ、4は死に通じると言われています。
弔電を送るときに避けたいこととして、不吉な数字を使わないことが挙げられます。
駐車場でも使われないように、四や九の数字を使わないように気を付けましょう。
普通に言葉を並べるだけであれば数字が出てくることはあまりないかもしれません。
ただ、何かを伝えたいばかりに知らないうちにそれらの数字が出てくることがあります。
数字を使うつもりでなくても、何らかの言葉の中で出てくることもあります。
相手からするとあまり気にしていないこともありますが、送る側のマナーとして知っておくようにしましょう。



弔電で失敗しないために例文を活用する

電報を送るとき、それぞれの業者が例文を用意してくれています。
沢山の例文があり、その中から選ぶことができます。
多くの電報を例文で出したとしても、それほど重なることはないでしょう。
ただ、できれば人とは違う文章で出したいと考えるかもしれません。
弔電を送るとき、文面で失敗してしまうことがあるかもしれません。
あまり使ってはいけない言葉があったり、敬称等がわからないときなどがあります。
この時には、例文を活用します。
全くそのまま使ったとしても、特に問題はないでしょう。
結婚式などでは、相手に気持ちを伝えるために自分で文章を考えたい気持ちがあります。
弔電は、自分の言葉で伝えるよりも、お悔やみが相手に伝わればよいと言えます。
間違った文章で相手に不快に感じられるより、確実な方法を採ることを心がけた方が良いでしょう。



弔電を贈る注意点と葬儀の規模とは

葬儀に参列できず、お悔やみの気持ちを伝えたい時に役立つのが弔電ですが、どのような葬儀でも必ずしも贈れば良いというわけではないということは頭に置いておく必要があります。
一般葬となれば贈っても問題はありませんが、中には家族葬や密葬を選択する人もいます。
近年ではごく身内のみで執り行うという選択をする人が多いので、規模をよく確かめておくようにしましょう。
家族葬や密葬となれば香典の受け取りを辞退するのはもちろんのこと、弔電もあまり受け取りたくないと考えているケースもあります。
良かれと考えて贈ったにもかかわらず相手に迷惑がられてしまったとなっては意味がありません。
葬儀の規模は必ず確認しておき、弔電を贈らない方が良いかを確かめておくようにしましょう。
もちろん贈る場合でもタイミングやメッセージ内容には気をつけなくてはなりません。

次の記事へ

カテゴリー