突然のお悔みに 電報・弔電おすすめサイト比較

各社の総合評価早見表

HOME > お悔み電報情報 > 弔電と祝電を間違えてしまうことはあるか

弔電と祝電を間違えてしまうことはあるか

 電報を送るとき、かつては電話で申し込みをしました。オペレーターにつながり、相手がいろいろと質問をしてくれます。それに対して必要な情報を提供していきます。オペレーターは機械ではなく人ですので、一般的な間違いなどは適度に指摘してもらえます。弔電を送らないといけないとき、知らずに祝電の台紙を選んだりしてしまうことはないかです。電話から行うときは、先に目的を伝えます。また、内容を聞いてもらえばそれなりにわかります。ですから台紙を間違えることはないでしょう。
 最近多くなっているのはネットからの依頼です。オペレーターが間に入りませんから、何も知らずに行うと間違えてしまう可能性はあります。ただ、ネット上では、それぞれを完全に分けています。普通に手続きをすれば、間違えることはありません。しっかり確認しながら送るようにしましょう。


 弔電では料金をどう選ぶかを考える

 何かを相手に贈るとき、価格が付いているものならどれくらいの価格かを考えます。安すぎても良くありませんし、高すぎても相手が気を遣います。相応のものが良いといえるでしょう。また、相場を知っていれば、自分自身が負担する費用も抑えることができます。弔電を送るとき、料金はどれくらいが良いかです。通常のメッセージは基本料金で送ることができます。それ以外の部分は、選択ができます。高級なタイプだと数千円する台紙もあります。安価なものなら数百円ぐらいのものもあります。
 気持ちの問題ですが、こちらもあまり安すぎ、高すぎはよくありません。また、無理をするのも良くありません。お世話になったからと自分の収入に合わないものを送るのはよくありません。相場情報があれば、それを事前に確認して、ぴったりのものを選ぶようにしましょう。


 理解しておきたい弔電の基礎知識

 お通夜、或いはお葬式にも会葬することができない場合に送るのが弔電になります。会葬と同じ様に故人の冥福を祈る気持ちを伝達するのがその目的になります。
 訃報を受けましたら、お通夜そして、お葬式の日時及び場所それから、喪主の名前並びに故人との続柄を確かめましょう。止むなくお通夜それから、お葬式に会葬できないことが確実になったら、速攻で弔電の用意をします。可能な限り早く、遅い場合でもお葬式の前日に至るまでに届くことに注意しましょう。弔電の送り先に関してはお葬式の会場にすることになります。宛先につきましては喪主のフルネームにするのが正式といえます。費用は選択する台紙によりまして相当幅があるといえます。あらためていうまでもなく、ネットサービスのケースでは、どういった台紙か、ネットで自身の目でチェックすることができます。

次の記事へ

カテゴリー