突然のお悔みに 電報・弔電おすすめサイト比較

各社の総合評価早見表

HOME > お悔み電報情報 > 弔電は通夜に届けるか葬儀に届けるか

弔電は通夜に届けるか葬儀に届けるか

亡くなったときの儀式として、お通夜と葬儀があります。
一般的には葬儀があって、その前日の夜にお通夜を行うとされています。
葬儀は日中に行われることが多く、お通夜は6時ごろから7時ぐらいにかけて行われることが多くなります。
では弔電を送るとしたらどちらに送るのが良いかです。
お通夜に送った方がいいのか、お葬式に送った方がいいのかです。
マナーとしては、どちらにしないといけないなどの決まりは特にありません。
ですから、送ることができるときに送るようにします。
お通夜の場合、どうしても知ってから式が行われるまでの時間が短くなります。
そのために間に合わないこともあります。
間に合いそうにないなら、お葬式につくようにした方が良いでしょう。
時間的な余裕があるなら、早めのお通夜に届くようにするのも良いと言えます。
お通夜では読まれることはありません。



弔電で喪主以外に送ることはあるのか

自分自身の家族が亡くなることは非常に悲しいことです。
それが友人や関係者であっても同じことでしょう。
友人のお父さんが亡くなってお葬式などを行うことになったとき、式に参列できそうになければ弔電を送る場合があります。
この時誰宛てに吸うrのが良いかです。
一般的なマナーとしては喪主となります。
友人が喪主を務めるなら特に問題はありません。
ただ、夫婦の場合は、配偶者が喪主を務めることが多くなります。
お父さんが亡くなったのであれば、お母さんが喪主をすることが多くなるでしょう。
では弔電も喪主であるお母さんに宛てないといけないかです。
お悔やみを伝えるのは、亡くなった人の遺族に対してになります。
お父さんが亡くなったのであれば、その子供に対して送るのは問題ありません。
ですから、喪主でなくてもその友人宛に送ってもマナー違反とはなりません。



弔電のお返しとなるお礼状のマナー

葬儀は急遽執り行うものであり、参列したくても都合が悪くて参列できないというのは仕方がないことではないでしょうか。
その際には弔電を贈ることになりますが、いざ自らが葬儀を執り行い、参列できなかった人から弔電を受け取った際にはお礼をどうすれば良いかで悩むことになります。
葬儀に参列していただいた人であれば、会葬礼状という形でお礼の気持ちを伝えれば問題はありません。
しかし弔電を頂いた場合には、お礼状を送り感謝の気持ちを伝えることが良いとされています。
いつまでに届くようにしなくてはならないという決まりはありませんが、なるべく早い段階で送るのが基本的なマナーとなっています。
お礼状は手紙でもハガキでも問題はありませんが、より丁寧に気持ちを伝えるとなればやはりハガキよりも手紙を選んでおいた方が良いのではないでしょうか。

次の記事へ

カテゴリー