突然のお悔みに 電報・弔電おすすめサイト比較

各社の総合評価早見表

HOME > お悔み電報情報 > 弔電を送る時に知っておきたいマナー

弔電を送る時に知っておきたいマナー

弔電を送る時、知っておいてもらいたいマナーをお教えします。
まず、送る時のタイミングです。
通夜、告別式のどちらでも良いのですが、遅くても告別式が始まる前までに届く様に手配をしましょう。
それから次は弔電の宛名は喪主あてに届く様にしましょう。
喪主以外の方に送る場合は、ご家族の名前も明記しておきましょう。
また、連名で送る場合は、故人とのつながりが分かりやすい様に名前と一緒に明記しておきましょう。
また、本文には、重なる言葉は使わない様にしましょう。
それから、一般的に不吉な言葉として使用している言葉を避けておく事です。
これらの事を注意点として気を付けておくだけで失敗なく、弔電を送る事が出来ます。
社会人や成人すると、滅多にはありませんが、会社関係や友人等、送る方法を知っておくと、いざという時に役立ちます。



弔電のタイミングと注意すべきポイント

葬儀はあらかじめ日程がわかっているものではなく、急遽執り行われるため都合がつかず参列することができないというケースも珍しくはありません。
参列できない場合にはお悔やみの気持ちを込めて弔電を送るという人も多いですが、日頃電報を使う機会はそう頻繁にあることではないからこそ、送り方やマナーでわからないことも多いのではないでしょうか。
送る際にまず気をつけなくてはならないのがタイミングです。
弔電は告別式の中で読まれることになるので、それまでに到着するようにしておかなくてはなりません。
しかし急なことだからこそ、間に合わないというケースもあるのではないでしょうか。
遅れてしまいそうな時には、無理に送るのではなく後日改めて電話でお悔やみの言葉を伝えるという方法もあります。
改まったシーンだからこそ、マナーには気をつけましょう。



参列を控えたほうがいい時に送る弔電

不幸があるのは高齢の方に限りません。
まだ小さな子どもが旅立ってしまうこともあります。
そうなると、弔問は控えたほうがいい、ということも多いです。
しかし親と知り合いであったり、弔問をしたいと考えているのであれば、落ち着いてから個別に手を合わせたほうがいいことのほうが多いです。
子どもを亡くしたばかりだと気持ちも落ち着きませんし、悲しみもまだまだ深いです。
葬儀も家族葬で執り行うことが多いので、弔電を送って対応をするとよいでしょう。
弔電であれば心のこもった言葉を伝えることができますし、形にして遺すことができます。
子どもの記憶とともにメッセージを残すことが出来るのであれば、それは何よりの供養になります。
参列をしたいけど控えたほうがいい、という場合もあるので、訃報を聞いても必ずしも足を運ぶことがよいことではありません。

次の記事へ

カテゴリー